こんにちは!文章・朗読学校「海のまち朗読館」へようこそ。

「海のまち朗読館」は、

”朗読が身近にある楽しい暮らし”をモットーに湘南に誕生した朗読スクールです。

朗読クラスでお友達ができたり。

朗読ライブや朗読会などで、発表したり。

朗読検定のために滑舌や読みの技術を学んだり。

文学に親しんだり。

コンテストにチャレンジするための個人レッスンを受けたり。

声に出して本を読むのがこんなにも楽しいなんて!

藤沢本校のほか、渋谷教室カルチャーなど、

ご都合のよい場所と日時でレッスンをお受けいただけます。

あなたも、私たちと一緒に朗読してみませんか。

 

読書の楽しみは、主人公のストーリーを一緒に生きる感動体験。

それを声に出してみたら…。

物語は自分の色に染まり、そこに新しい世界が生まれます。

毎日の繰り返しの中で発見する、もう一人の自分。

あなたは見知らぬ自分を楽しみ、そして、

今の自分をもっと身近に感じることでしょう。

 

  ひとりの世界で完結する充実感。

  聞く人に感動を与えられる喜び。

  仲間とつながる連帯感。

 

身体を整えて声を出すことは、心身の健康にも役に立ちます。

深い呼吸から生まれる声は、自分の心を気持ちの良い解放感で満たしてくれます。

 

「海のまち朗読館」は、呼吸、発声、発音、滑舌、アクセント、イントネーションをとても大切に考えています。

鼻濁音、無声化、日本語の4つのアクセントパターンについても、しっかり学んでいただきます。

もちろん、朗読に正解はありませんから、共通語のアクセント、鼻濁音、無声化に注力する必要はありません。

読み手に身に付いた自然な日本語で表現することが、聴き手に最もよく伝わりますので、安心されてください。

「同じ言葉がその都度別々のアクセントで読まれている」

「グループで一つの作品を読む時、みんなが別々のアクセントで読んでいる」

こんな場合に、「聴き手が理解しやすく」同じように聞こえるよう読むための知識としての「正しい日本語発声」は、

朗読はもちろん「話し方」を改善させ、自信にあふれる自然な自己表現を可能にしてくれることでしょう。

 

そもそも朗読は、誰かに習ったり、技術を上げたりする必要もなく、自由に思った通りに表現できる、素晴らしい趣味です。

以前から全国各地に、長く続いている朗読サークルがたくさんあります。

皆様自主的に、しっかり運営されていて、組織も盤石で、安心して多くの人が朗読を続けることができています。

では朗読教室の存在価値はどこにあるのかと考えた時、

朗読をする皆様が、疑問に思ったり、自分では克服できないと感じている発声や滑舌の癖などについてお悩みを持った時、

そこにきちんとお答えすることで、自分自身の表現に自由度が増し、

更に高い次元から思ったように作品の世界を遊んでいただけるよう、

お手伝いをさせていただくことではないかとの想いに至りました。

 

クラスでは日本語を声に出すときの基本をしっかり学ぶことに加え、物語の作者の心を大切に、丁寧に物語を読みこんでまいります。

物語の時代設定、環境や習慣を考慮して、今の時代ならそれがどんなふうに表現できるのかを工夫します。

心の動きが体にどんな変化をもたらすのか、物語を通して自分を見つめ、素直に朗読できる時、

聴き手も読み手も、一緒に物語の世界を遊ぶことができると、「海のまち朗読館」では考えております。

そのために必要な読みのテクニックをしっかり身につけることは、朗読をするときばかりではなく、

生涯にわたり自分の心をわかりやすく相手に伝えるのに役立つでしょう。

 

朗読は全国的にずっと以前から人気があり、サークルやお教室が各地にたくさんあります。

10年以朗読を続けていらっしゃる方も多く、皆様素晴らしい朗読をされるのですが、

それでも「自分の朗読は聴く人に伝わっているのだろうか」「自分はしっかり相手に届く音量が出せているのだろうか」

「アクセントやイントネーションが間違っているのではないか」など、それぞれに、お悩みを抱えていらっしゃいます。

その疑問に答えてくれて、問題点があるならそこをきちんと解決してくれる的確なアドバイスのできる講師が求められていますが、

多くの朗読教室では、「楽しく・自分らしく・癒し・明るく・自由に・自己表現」などがコンセプトになっているため、

「客観的に聴いた時その読みは相手に届いているのか」という観点で指導することが難しくなっているのが実情です。

「海のまち朗読館」では、誰にでも共通の「文字を読んだときにおきる癖のパターン」を論理的に説明し、

そこから抜けるにはどうしたらいいのかを具体的にレクチャーし、できるようになるまで練習します。

「自己流」で「楽しむ」ことから卒業したい方には、

十分手ごたえを感じていただけるクオリティの高いレッスンをご提供します。

 

朗読は誰にでも簡単に始められ、一生を通じて続けられる素敵な趣味。

初めての方にも、丁寧に優しく、お手ほどきさせて頂きますので、ぜひいらしてみてくださいね。

一緒に楽しく声を出してみましょう。

最初は、「体をいっぱいに使って呼吸して、太く伸びる声を出す」ことを楽しみながら物語を読むことから始まります。

力強い呼吸から生まれた力強い声で、全身で物語を読んでいると、内側から力が湧いてくるのを感じてきます。

次に文意を声で表現することを学び、自分の頭に映像を作る作業に慣れてくると、

そこからがいよいよ、「自分らしいオリジナルな表現」が自在になる段階に入るのですね。

「自動演奏のピアノ」のような、きれいで心地よい、でも集中して聴き入ってしまうことはないであろう「BGM的な朗読」よりも、

聴き手が読み手と一緒に物語に入り込んで一緒に登場人物になりきってしまうような「惹きこまれる朗読」で聴き手を楽しませてほしい、

そのためのお稽古を一緒に進めていくのが、「海のまち朗読館」のコンセプトです。

「海のまち朗読館」のレッスンを通じて、朗読の楽しさ、奥深さを実感し、読み手として、聴き手として朗読を好きになってもらうことで、

自分の心と体の状態を見つめなおし、毎日を明るく過ごしてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

朗読をしてみたい方以外にも、

*話し方教室に通ったことがあるけれど、あまり成果が感じられなかった…。

*プレゼンに自信がなくて困っている。とにかく自分、恥ずかしがりやで…。

*幼稚園、保育園への就活に、朗読の技能をアピールしたい。

このような場合にも、朗読を学ぶことはとても役に立ちます。

 

お友達と声を出して楽しみたい、文学に親しみたい、コンテストに出てみたい、講師として自立したいなど、

朗読教室に求められる全国の皆様の声にお応えできるよう、さまざまなクラスをご用意して、お一人お一人のご希望を叶えてまいります。

具体的には「定期レッスン」として、「少人数月2回のクラスレッスン」と「マンツーマンの月2回のレッスン」。

2019年4月からは、カリキュラムで学び「他の人に教えられる」知識を身につけながら朗読の奥深さを理解する「ステップアップコース」も始まります。

そのほかに、単発で特別な目的のために行う「個人講座」。

専門的なトレーニングを繰り返す「プロフェッショナルレッスン」。

朗読検定受検の予備校的な「朗読検定受検講座」。

そのほかに、カルチャーセンター、渋谷教室もございます。

それぞれの詳細については、HPメニューからお入りください。

全く初めての方にも、おいでいただく時間が充実したものであるよう、最初から内容の濃い本格的なレッスンをご提供しており、

ご好評いただいております。

どのレッスンでも、「できなかったことができるようになった」「わからなかったことが腑に落ちた」など、

毎回、成長を実感していただける、質の高い時間を心がけております。

 

*朗読を本格的に学び、自宅で朗読教室を開いてみたい方はこちらをご覧ください。

 

海風とお花に囲まれた、一軒家の朗読教室で、  ご一緒に朗読を楽しみましょう