朗読ステップアップコース

忙しい方も毎回成長を実感できる、月1回のオンライン教材&対面講座です

 

 

朗読をこれから習いたいと考えている方はもちろん、

過去に習った経験のある方、今習っている方で、

「基礎から順を追って、伝わる朗読のテクニックをしっかり学んでみたい」

と希望される方はいらっしゃいませんか?

 忙しい方も、ゆっくり丁寧に、朗読の技術を学べるクラスです。

 

~朗読あるある~

 

*朗読仲間に、「もっと淡々と読んだら?」とか、「感情を入れたほうがわかりやすい」など、その都度いろいろなことを言われて、わからなくなってしまったことがある

*自分の読みは聴く人に伝わっているのかな?疑問、、、

*そもそも自分の声は、ちゃんと聞こえているのだろうか?声量は十分なのだろうか?

*アクセントやイントネーションが正しく読めているといいなあ

*先生に「あなたらしく自由に読めばそれでいいんですよ」と優しく言われる

*自分で録音して聞いてみると、なんてひどいんだろう!と落ち込んで聞くのをやめてしまう

*「本を見てばかりいないで、目線を上げてお客様を時々見ながら読みましょう」と教わる

*「お手本を聞かせたらみんなが同じ朗読になってしまうから、私は読みません」と先生に言われた

*小さい頃から本を読むといつもほめられていたが、朗読を習ってから一度もほめられたことがないのはなぜ?

*朗読会を聴きに行ったら、みんな綺麗な声で静かに読んでいたので、心地よくなり寝てしまったことがある

 

このページをお読みくださっている方の中には、

以上のような経験をされた方がいらっしゃるかもしれませんね。

どれも、お悩みとしてよく伺う内容なんですよ。

では、なぜ、たくさんの方が同じようなことで悩んでいらっしゃるのでしょうか?

 

~論理的な教え方をしてほしい方のために~

 

多くの朗読教室では、「楽しく・自分らしく・癒し・明るく・自由に・自己表現」

などがコンセプトになっているため、

「客観的に聴いた時その読みは相手に届いているのか」という観点で指導することが

難しくなっているのが実情です。

 

何となくイイ感じかもしれないけど、本当にいいのかどうかはわからない、

「この読みで、自分の意図することが伝わっているか」

「伝わっているとしたら、それはなぜか」

「伝わっていないとしたら、どうしてなのか」

「伝わるように読むには、どこをどうすればよいか」

あなたはこれらの疑問にはっきり答えがほしいと思っていませんか?

 

この講座は、朗読する上で誰もが抱く疑問についてお答えし、

「どんな朗読も個性があり素晴らしい」(事実そうではありますが)という観念のためつい欠けてしまいがちな

「その読みが感動を与える明確な理由」を知り、技術を学ぶ時間です。

センスの良い読み手は、自分や物語の登場人物の感情を「観察」しています。

「自分の気持ち」「感覚」に頼ることは大切ですが、

まずはこの「観察」する習慣を身につけることを優先しましょう。

センスは学ぶことができます。

 

日本語はだれでも話せます。

聴きやすく意味を取りやすい「上手な読み」をするのは、そんなに難しいことではないはずなんです。

「朗読の公式」があって、それを学べば、

誰でも最速で聴き手に伝わる朗読ができるようになるんじゃないかな?

自己表現はそれからじっくり取り組めば良い。

 

お教室でも、こんなことを生徒様と一緒に学んできました。

その技術について書き下ろしたのが、ステップアップコースの教材なんです。

つかみで感動を呼ぶように読める才能が今はなくても、

上手な人たちの読みを分析して、

なぜそう読むと聴き手は感動するのか、映像が立つのかを知ることで、

自分の思うような表現が可能になる、そんな講座を作りました。

「右脳的」な朗読を「左脳的」に学んでみたい方には、

もしかしたら、お力になれるかもしれません。

 

【基礎コースで学ぶことの一例】

・地声

・拍の確実な取り方

・よくある表記の安全な処理方法 例:「~」と、言いました。

・眼、アタマ、口中のタイムラグ

・3D朗読の3大要素

・感情の読みとり方(あなたは読者の立場の感情で読んでいませんか?)

・強力な「間」は慎重に取り扱いましょう

・「 」ありセリフと、「 」なし台詞

・プロローグとエピローグが決まれば聴き手は安心します

・老若男女の登場

・4D朗読version

・作者との対話

・朗読会でのお作法

・作品選びと抜粋

・いざなう度量

・募母・恋愛・暴力・貧困・差別・病気というテーマに向き合う

 

 

「ステップアップコース」は、朗読を基礎~上級まで段階的に学ぶための、

オンライン朗読教材と対面講座の両輪による、まったく新しい講座です。

 

その読みの、どこを工夫するとさらに良いのか、それはなぜかについて学ぶことで、

自分自身の理解が明確になり、

同時に「他の人に教えることもできる」系統だった知識が身につき、

感覚的にとらえる読みからすすめて、納得できる読みを習得するコースです。

知識が身につくことで「聴く耳」が育つと、

さらに高い意識で朗読と関わることが可能になることでしょう。

 

それでは次に、講座の具体的なご説明を差し上げます。

 

朗読ステップアップコース

この講座では、基礎コース、中級コース、上級コースと

順を追って朗読の「読み方のテクニック」を学びます。

すべて終了するための期間は最短で3年です。

各コースとも1年間で12のカリキュラムを学びます。

基礎コースでは以下の二つの台本からお好きな作品を選んで頂き、講座内のカリキュラムを各作品の文章で実践、 1年かけてレパートリーとして仕上げます。

自分の選んだ作品を読むことで具体性を学び、もう一つの作品を他のメンバーが読むのを聴くことで客観性を学ぶことができます。

選択作品は、朗読会のアンケートで常に「読んでみたい作品」の上位を占める二作品をご用意しました。

 

「手袋を買いに」新美南吉

「雪女」小泉八雲 

*あなたはどちらの作品を選びますか?

  

 

 

 

「朗読ステップアップ基礎コース」

1期生募集は締め切りました。

ご応募ありがとうございます。

日時:20194月より毎月第3土曜12時半~1545

場所:藤沢商工会館ミナパーク

定員:10

受講条件:・YouTubeの閲覧が可能であること 

・スマートフォンがあること(毎回動画を撮ります)    

朗読経験の有無は問いません

 

 

 藤沢商工会館ミナパーク

 〒251-0052 藤沢市藤沢607-1 

 TEL0466-29-3789  

 JR東海道線藤沢駅北口から徒歩3分


【教材を見てみたい方へ】

「どんな講座なのかな?」「教材の内容を知りたいな」など、ご希望の方には、

ステップアップコース教材簡易版をご覧いただける、YouTube限定公開用URLを

ご案内します。

お名前・メールアドレス・この講座に期待されることをお書きの上、こちらまでメールでお申し込みください。

  info@uioai.com 

 

【お申し込み~ご受講の流れ】

*お申し込み後に、お選びいただいた台本を郵送します。

*毎月講座の約2週間前に、YouTubeにアップした教材の限定公開用URLをメールでお送りします。

この時教材のPDFもお送りしますので、プリントアウトしていただき、紙のテキストとしてお使いいただきます。

*このオンライン動画教材を使い、受講日までに宿題などを仕上げていただきます。

ご自宅や外出先などで繰り返し見ることができますので、ご自分のペースで学習していただけます。 

*講座を欠席される場合、二日前の18時までにご連絡いただきますと、後日振替講座を無料でお受けいただけます。

これ以外で欠席の場合、振替講座が有料になりますのでご注意ください。 

振替講座は、2020年の3月または4月に「補講」として開講します。

12の講座をすべて終了されますと、中級に進むことができます。

*一度YouTubeに上げた教材は、講座終了後も、いつでもご覧いただけます。

*教材は、受講後自由にお使いいただけます。 

*教材の著作権は「海のまち朗読館」に属しますが、教材をそのまま、あるいはテンプレートとしてアレンジして、

ご自身で朗読を教える際に使って頂くこともできます。

*この講座は、初めて朗読を学ぶ方にも、これから朗読講師になってみたい方にも、大変有意義で効率的なプログラムです。

 

【第2期生受講費用】

講座受講代金1か月分9,000教材費1か月分3,850円=1か月分の費用合計12,850                    

*受講料は12カ月分前納(3回分割まで可) とさせていただきます

全納の場合:154,200 12,850×12カ月分)

2回分割の場合:166,536 (6か月分83,268×2回)

3回分割の場合:179,858 (4か月分59,952×3回)

※初回のみ「海のまち朗読館」入会金10,000円が別途必要です。

(「海のまち朗読館」生徒様は入会金は不要です)

 

お問い合わせ・お申し込みはこちらまでお願いします。 

 

ステップアップコース誕生秘話について、よろしかったらこちらのブログをご覧くださいませ。